庭の小さな生き物たち
庭の小さな生き物たちカメムシの仲間 拡張写真ページ

拡張写真のページ

ヒメマダラナガカメムシ(09Sex)
(カメムシ目 -ナガカメムシ 科)
  夏も終ろうとしている8月の末に、4本ほど群生していたフウセントウワタの葉陰に
  綺麗なカメムシを見つけました。全部で4匹しかいませんでしたが、そのうちの2匹が
  これでした。残りの2匹はヒメジュウジナガカメムシでした。
  4日間ほど見られましたが、この花の群落かお気に入りで、他の花へは一度も移動
  しなかったようです。
  大きさは頭部先端から翅の末端まで(体長ではない)約 11mmほどです。(末尾参照)
g44(photo.2014.8.29)
↓09Sbl
フウセントウワタの蕾の傍でアブラムシと一緒です。
ヒメマダラナガカメムシの拡大写真1
↓09Scl
ヒメマダラナガカメムシの拡大写真2
↓09Sel
この辺りで何を食べているのか良く分かりませんが、これはフウセントウワタの花蜜を吸っている様です。
ヒメマダラナガカメムシの裏面の拡大写真
                     
g45(photo.2014.8.30)
↓09Sdl
   この写真を見ると、長い口吻で葉に付いたアブラムシの分泌物(甘露)を吸っている、或いはなめている
   様にも見えます。
ヒメマダラナガカメムシの拡大写真3
 ↓09Sl
ヒメマダラナガカメムシの拡大写真4
↓09Sfl
  似た種類も多く、上面の模様の変異もあり、識別は注意が必要だが、下面の色や模様の違いが
  分かると識別の決め手になる様です。
ヒメマダラナガカメムシの拡大写真5
↓09Sg ↓09Sh
  スケール写真を撮ってみました。左の写真の葉を取って、メジャーと共に撮った写真が右です。
  右の写真で主脈近くの二つの汚点の距離を測り、その長さと虫の長さを比例関係から求めました。
  結果は、頭部先端から翅の末端まで(体長ではない) 約 11mmほどでした。
  もちろん、測定時はもっと拡大した写真でやっています。この方法で大きさを推測する時の注意点は
  目印(汚点)もメジャーもできるだけ虫に近い虫に近い部分を使う事です。  
ヒメマダラナガカメムシのスケール写真1 ヒメマダラナガカメムシのスケール写真2